復興が進む浦浜漁港
Home > 三水会について > 総会報告

総会報告

2023年度三水会定期総会報告

議決日 :2023 年 5 月 20 日(土)
開催方法:対面議決
構成員 :三水会代議員 49名
本人出席 33名  委任状提出 15名  欠席 1名

議長及び議事録署名人 (三水会規約第5章第20条3による議長団)
 議長 :水産食品学科 11期 徳江 喜一氏
 議事録署名人 :水産増殖学科 3期 水鳥 純雄氏・ 水産増殖学科 4期 石井 美華氏

議 事
(1) 2022 年度事業報告および決算について   賛成 48名・反対 0名・棄権 0名
(2) 2022 年度監査報告
  賛成 48名・反対 0名・棄権 0名
(3) 2023 年度事業計画案および予算案について
  賛成 48名・反対 0名・棄権 0名(回答無し)

*以上、2023 年度三水会定期総会議事 4 項目は、三水会規約 第 5 章 第 20 条 4 により、原案通りすべて承認されました。

閉 会 議決日 2023 年 5 月 20 日(土)

  


2022年度三水会定期総会報告

議決日 :2022 年 5 月 21 日(土)
開催方法:書面議決
構成員:三水会代議員 49名(三水会規約第3章第10条による代議員)

議長及び議事録署名人 (三水会規約第5章第20条3による議長団)
 議長 :水産増殖学科 10期 水石 博彦氏
 議事録署名人 :海洋生命化学科 37期 竹内 亮太氏・ 海洋生命化学科 37期 山根 竜二昌弘氏

4.会長挨拶


わが国で新型コロナウイルス感染症が確認されて3 年目となりました。奈良東大寺の大 仏は疫病退散を祈願して建立されたと伝えられますが,天然痘は3 年程まん延していたよ うです。約100 年前のスペイン風邪も3 年ばかり流行っておりました。今回の感染症もそ ろそろ落ち着いて欲しいものです。5 月初旬時点では『緊急事態宣言』も『まん延防止等重 点措置』も発令されておりませんが,会員の皆さまにおかれましてはいまだ『マスク生活』 を余儀なくされ,公私ともどもお付き合いにはなお不自由を感じていらっしゃることと存 じ上げます。本来であれば総会は,代議員の皆様に対面で一堂に会して頂いて実施し,その 後の懇親会で旧交を温めて頂きたいところではございますが,社会の状勢を鑑み,3 年連続 で2022 年度三水会定期総会も書面議決にて行うこととなりました。各議案については、総 会資料を御精読下さり可否をご判断いただきたくお願い申し上げます。
一方このゴールデンウィーク期間中,国内では移動制限は要請されませんでした。イベン トの収容人数制限は,安全計画が策定されていれば大幅に緩和されております。本学では講 義室の収容人数を定員の8 割までとしております。これに従って,総会そのものは書面議 決といたしますが,会議とは別に対面による総会の報告会を行い,3 年ぶりに代議員の交流 の場を設けることといたしました。日時は5 月21 日(土)15 時,場所はMB 号館2 階大 講義室1 を用意しております。是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。
さて,水産学部として1972(昭和47)年に創設された本学部(現海洋生命科学部)は, 今年50 周年を迎えることができました。これは国内外で活躍されている,8 千名を超える 三水会会員の皆さまのお力に負うものでございます。区切りとなるおめでたい50 周年を記 念して,三水会から学部に壁掛け時計を贈ることといたします。玄関を入って右手の目立つ 場所への設置をお願いしているところです。次の50 年,すなわち学部創立100 周年に向け て時を刻むことを期待するものです。
学部は50 年記念事業として記念誌の作成、記念式典の開催、三陸キャンパスの整備など を計画しております。これらの成功を期して目下,募金活動を行っております。先日お送り した三水会会報の裏表紙には募金の案内を掲載しております。趣旨をご理解頂き、ご芳志を 是非ともお考え頂きたくお願い申し上げます。賛同された方々のご芳名は,希望に応じて学 部ホームページに掲載させて頂くことにしております。ご関係の皆様にもお知らせ頂きた くお願い申し上げます。
最後になりますが,議決回答書を遅滞なくお送り下さいますよう、重ねてお願い申し上げ ます。報告会でお会いできることを楽しみにしております。

北里大学三水会会長 高 橋 明 義
議 事
(1) 2021 年度事業報告および決算について   賛成 49名・反対 0名・棄権 0名(回答無し)
(2) 2021 年度監査報告
  賛成 49名・反対 0名・棄権 0名(回答無し)
(3) 2022 年度事業計画案および予算案について
  賛成 49名・反対 0名・棄権 0名(回答無し)

*以上、2022 年度三水会定期総会議事 4 項目は、三水会規約 第 5 章 第 20 条 4 により、原案通りすべて承認されました。

6.閉 会 議決日 2021 年 5 月 21 日(土)


2021年度三水会定期総会報告

議決日 :2021 年 5 月 22 日(土)
開催方法:書面議決
構成員:三水会代議員 50名(三水会規約第3章第10条による代議員)

議長及び議事録署名人 (三水会規約第5章第20条3による議長団)
 議長 :水産増殖学科 9期 朝日田 卓氏
 議事録署名人 :水産増殖学科 24期 高原陽子氏・ 海洋生命化学科 37期 吉永昌弘氏

4.会長挨拶


 新型コロナウイルス感染症が未だ収束の気配をみせないなか、緊急事態宣言が延長され、まん延防止等重点措置の適用範囲も拡大しております。
これを鑑み、当初5月22日に対面での開催を予定していた2021年度三水会定期総会は、極めて残念ではありますが昨年に引き続き書面議決となりました。
各議案については、書面を御精読下さり可否をご判断いただきたくお願い申し上げます。
コロナ禍で同窓会活動が低調であることは否めません。収束までの間に実施する三水会活動として適切な事項があれば、是非ともご教示賜りたくお願い申し上げます。

 三水会40周年事業として、三水会会報第81号に掲載した「北里大学水産学部・海洋生命科学の沿革」および「三水会のあゆみ」を刻んだ銘板を作成いたしました。
その学部への贈呈式を5月22日に行います。時節柄3密を避けるために、実施のご案内は理事等に限ることといたします。当日のようすについては三水会ホームページや三水会会報第82号にてお知らせいたします。

 一方、学部は来年(2022年)創立50周年を迎えます。記念事業として記念誌の作成、記念式典の開催、三陸キャンパスの整備などが計画されております。
先日お送りした三水会会報には募金趣意書が同封されていたと思います。募金の趣旨をご理解頂き、ご芳志をお考え頂きたくお願い申し上げます。

 三水会の活動は、ほとんどすべてが北里大学同窓会からの交付金によって賄われております。従いまして活動の原資は皆様に納入して頂く「同窓会費」となります。納入対象の会員には、北里大学同窓会報に振込用紙が同封されます。これについてもご理解をお願い申し上げます。

 お願いが多くなってしまいましたが、議決回答書を遅滞なくお送り下さいますよう、重ねてお願い申し上げます。

北里大学三水会会長 高 橋 明 義
議 事
(1) 2020 年度事業報告および決算について   賛成 49名・反対 0名・棄権 1名(回答無し)
(2) 2020 年度監査報告
  賛成 49名・反対 0名・棄権 1名(回答無し)
(3) 2021 年度事業計画案および予算案について
  賛成 49名・反対 0名・棄権 1名(回答無し)
(4) 第15期役員・代議員改選に付いて
  賛成 49名・反対 0名・棄権 1名(回答無し)

*以上、2021 年度三水会定期総会議事 4 項目は、三水会規約 第 5 章 第 20 条 4 により、原案通りすべて承認されました。

6.閉 会 議決日 2021 年 5 月 22 日(土)


2020年度三水会定期総会報告

1.開 会 発出日 2020 年 5 月 11 日(月)
2.定足数確認 (三水会規約第3章第10条による代議員)
3.議長選出 (三水会規約第5章第20条3による議長団)
  議長 7FA 柳澤明美氏
  議事録署名人 23FA 北吉直子氏 23FA 黒岩裕樹氏

4.会長挨拶


世界中が新型コロナウイルス感染症の猛威に苛まれているなか、皆様におかれまして も対応に苦慮されていることと拝察申し上げます。
一日も早くこれが終息し、世の中が 普段の生活に戻ることを祈念いたします。
当初5月6日までとされていた緊急事態宣言が5月31日まで延長されました。
5月23日に白金キャンパスでの開催を予定していた今年の三水会総会は、集会の開催等による感染の危険性があるために、一堂に会して実施するわけには参りません。
あらかじめ立てていた対策に基づいて、今回は書面議決とさせて頂きます。連動して懇親会も中 止とさせて頂きます。
一年に一度の重要であり、また楽しみでもある行事ではございますが、ご理解を賜りたくお願い申し上げます。

三水会の目的は「会員相互の親睦を図り、北里大学海洋生命科学部ならびに北里大学 同窓会の発展に寄与する」ところにございます。
これにもとづく2020年度の事業計画 には、従来実施してきた事項に加えて新型コロナウイルス感染症に関連する新規計画案を盛り込んでおります。
それは「4.親睦会の開催」のなかの「令和元年度卒業祝賀会(仮 称)を開催する」でございます。
今年3月に実施予定だった学位記授与式は中止を余儀なくされました。同時に卒業生が鋭意準備を進めていた謝恩会の開催も叶いませんでした。
そこで、少々遅ればせにはなりますが、三水会の新たな会員の門出を祝うための催しとして提案いたします記念行事に関連する項目もございます。
一つは「10.三水会創立40周年記念事業」でございます。
具体的な実施案を策定するために記念事業検討委員会を設置し、この委員会を中心として事業を進めることを提案いたします。
もう一つはその他の項目に盛り込んだ「学部創立50周年事業への支援」でございます。
わが水産学部(現海洋生命科学部)は昭和47(1972)年に設立されました。
再来年(2022 年)50周年を迎えることになります。
学部で予定されている記念行事を、三水会会員を対象とする募金活動により支援することを目的とする事業でございます。
対面で議論を行うことが叶わないため議案を十分に説明することが難しくはありますが、どうか総会資料を精査のうえ忌憚のないご意見により議決して下さいますようお 願い申し上げます。

末筆ながら,三水会会員皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
北里大学三水会会長 高 橋 明 義
5.議 事
(1) 2019 年度事業報告および決算について
(2) 2019 年度監査報告
(3) 2020 年度事業計画および予算について
(4) その他
  1.学部創立 50 周年事業への支援
  2.その他

*以上、2020 年度三水会定期総会議事 4 項目は、三水会規約 第 5 章 第 20 条 4 により、原案通りすべて承認されました。

6.閉 会 議決日 2020 年 5 月 23 日(土)


2019年度三水会定期総会報告

2019年5月18日(土)午後5時より北里大学白金キャンパス・プラチナタワー12階3125会議室において、2019年度三水会定期総会が開催されました。
代議員総数50名に対し、出席数48名(本人出席39名、委任状提出者9名)欠席2名となりました。
冒頭、議長団の選出では議長に水産食品学科7期・美野朋隆氏、続いて議事録署名人には水産食品学科18期・小野要氏、水産増殖学科19期・加藤紳氏を選出しました。
その後議事に入り執行部より、2018年度事業報告及び収支決算報告が行われ、続いて監査報告が行われました。そして原案通り承認されました。
引き続き2019年度事業計画及び予算案の説明があり、原案通り承認されました。

総会終了後、同会議室で2019年度北里大学同窓会研究者奨励賞受賞者、水産学部・生物科学科2006年3月卒の小林勇喜氏より講演が行なわれました。そして、来賓としてお迎えしました菅野信弘学部長より写真を交えて、海洋生命科学部の近況等のお話がありました。
その後、来賓の緒方武比古常任理事も加わり「レストラン白金」にて懇親会を開催し互いの交友を深めました。

 


平成30年度三水会定期総会報告

平成30年5月19日(土)午後5時より北里大学白金キャンパス薬学部一号館1402教室において、平成30年度三水会定期総会が開催されました。
代議員総数52名に対し、出席数48名(本人出席39名、委任状提出者9名)欠席4名となりました。 冒頭、議長団の選出では議長に水産食品学科3期・鈴木潤一氏、続いて議事録署名人には水産増殖学科4期・石井美華氏、水産食品学科13期・源裕次氏を選出した。
その後議事に入り執行部より、平成29年度事業報告及び収支決算報告が行われ、続いて監査報告が行われました。そして原案通り承認されました。
引き続き平成30年度事業計画案及び予算案の説明があり、原案通り承認されました。
また今総会では3年間の任期満了での改選が行われ、提出された第14期三水会役員推薦者名簿を全会一致で承認した。新執行部の任期は2018年5月19日から2021年度総会までとなります。
総会終了後、同教室で来賓としてお迎えしました菅野学部長より写真を交えて、海洋生命科学部の近況等の説明がありました。
そして、2018年大学院海洋生命科学研究科で初の大村賞受賞の、33FF:多米晃裕氏の講演会が開催されました。
その後、来賓の緒方常任理事も加わり「レストラン白金」にて懇親会開催し互いの交友を深めました。





ネットワークカメラ

三陸キャンパスは、2014.01.14
配信を停止いたしました